タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2018年09月01日
八王子良いとこ!紹介ブログ

店舗を居抜き契約する際の一般的な流れを紹介します

店舗を居抜きで利用したい方は、どのような流れで契約をすれば良いのでしょうか?

今回は仲介業者に依頼してから契約するまでの、一般的な流れを紹介します。

店舗の居抜き契約において、仲介業者がどのようなサポートをしてくれるのかも合せて知っておきましょう。

店舗を居抜き契約する際の流れとは? ①仲介業者への依頼から物件探しまで

店舗の居抜き契約は、まず仲介業者への依頼からスタートします。

新しく始めたい店舗の計画を明確にし、仲介業者に伝えます。

希望の店舗規模や立地等の情報を元に、条件に合った物件があるかどうかを調査します。

仲介業者は一般公開されていない物件の情報も持っており、希望に1番近い物件を選定してくれます。

店舗を居抜き契約する際の流れとは?②物件の内見から申し込みまで

希望の物件が見つかった場合、仲介業者から電話やメール等で連絡が入ります。

仲介業者は複数の物件を提示してくれるので、その中に気になる物件がある場合、物件の内見を申し込みます。

物件の内見では建物そのものや中身だけでなく、周辺の環境やどのような設備があるのかもしっかりと確認をしましょう。

居抜き契約する店舗が決定したら、次は契約の申し込み手続きです。

居抜き契約の申し込みは、基本的にその物件の立地調査、設備容量の確認等が終わった後に行われます。

ただ申込者が集中するような人気物件は、調査中に別の申込者が契約してしまうという事も考えられます。

従って、居抜き契約をする店舗物件が決定した場合は、先に契約の申し込みを済ましておくようにしましょう。

契約の申し込みは、事前費用等が必要ないケースがほとんどです。

先に契約の申し込みをした場合は、手続き後に立地調査、設備容量の確認等が開始されます。

店舗を居抜き契約する際の流れとは?③審査から物件引き渡しまで

契約の申し込み、調査が終了すると、店舗を居抜き契約するにあたっての審査が始まります。

この審査は、長い場合でも2週間程度で終了します。

申込者の経歴だけでなく、新しく始める店舗の情報も審査の対象になります。

従って店舗の詳細を知ってもらう為に、店舗の事業計画書等の提出が必要です。

この審査に通ると、ようやく店舗の譲渡契約です。

居抜き店舗の売り手から設備等を買い取る為の契約を交わします。

居抜き店舗の買い手と売り手による契約ですが、後々双方の間でトラブルが起こらないように、仲介業者がアドバイスをしてくれる場合もあります。

その契約とは別に、建物所有者(オーナー)と物件の賃貸借契約を結びます。

ここまで契約が終了したら、いよいよ店舗物件の引き渡しが行われます。

これらの契約までの流れ、ポイントを事前に把握する事で、契約におけるトラブルや失敗を防ぐ事が出来るでしょう。
この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward