9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2017年02月10日
八王子良いとこ!紹介ブログ

店舗を借りる!事業計画書の大切

 

事業計画書を作成しておきましょう

 

店舗を借りる場合、申込み、審査の時点でだいたい求められるのが「事業計画書」。

既に実績があり決算や確定申告をしていれば、それらの書類を提出すれば大丈夫なのですが、

新規で開業をする場合、ほとんどのケースで事業計画書の提出を求められます。

例えば

1.開業資金で銀行の融資を受ける場合

2.店舗を契約するために保証会社を利用する場合

3.貸主に事業内容を分かり役説明する為

 

です。1と2はほぼ必須となります。

3の貸主に対しては求められない場合も有りますが、求められなくても

こちらから申込みと一緒に提出するのが良いと思います。

オーナーに『想い』を伝えましょう。

 

事業計画書を出すことによって

オーナー側も「ちゃんと真剣に考えているのですね」とその熱意が伝わるからです。

以前に業種の問題で貸すことを躊躇していたオーナーに対して、どうしてもそこの物件を

借りたかったお客様。

A4サイズの紙10枚程度にビッシリと自分の想いや資金繰り、将来の考えなど細かく書いて

オーナーさんに出したところ、貸して頂けることになった。というケースもございます。

 

正に事業計画書の『熱意』がオーナーさんに伝わった瞬間でした。

そこのお店は今でも順調に売り上げを伸ばしています。

 

事業計画書はそんなに難しいことはありません。

お客様の考えや想い、それと売り上げや仕入れなどの数字関係になりますので、

そこまで時間はかからず出来るかと思います。

事前に事業計画書を準備しておくと物件を借りる際もスムーズにいくかもしれません。

 

 

arrow_upward