タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2021年12月08日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『効果的な入居者募集をしてくれるビル管理会社の特徴は?』

ビルオーナーの大多数は、管理会社に入居者の募集業務を依頼します。

やはり、個人より持っている情報量が多く、なおかつ募集方法が多彩なビル管理会社に依頼した方が、集客効果はアップします。

では、より効果的な入居者募集をしてくれるビル管理には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

営業力が高い

効果的な入居者募集をしてくれるビル管理会社は、営業力が高いです。

これは、単純に営業部門の人材が優秀であることに加え、広いコネクションを持っていることにより、入居者を早期に見つけ出す可能性が高いことを意味しています。

ビル経営を始めても、なかなか入居者が決まらなければ、どんどん支出だけがかさんでしまうため、これはとても重要なポイントです。

自社サイトの発信力がある

効果的な入居者募集をしてくれるビル管理会社は、総じて自社サイトの発信力にも長けています。

入居者募集の主な方法は、なんといってもインターネットの活用です。

よって、自社サイトの製作に力を入れていて、なおかつアクセス数も多く獲得しているような管理会社は、ビルオーナーにとって非常に頼りになるでしょう。

明確な実績がある

効果的な入居者募集をしてくれるビル管理会社は、明確な実績があることも多いです。

もちろん、運営実績が長い場合、これまで数々の入居者を集めてきたことが推測できますが、これは明確な実績ではありません。

やはり、具体的な資料などとともに、今までどれくらいの賃貸借契約を結んできたのかについて説明してくれる管理会社の方が、より実績がわかりやすいです。

また、管理会社の方から進んで実績をアピールされる場合、それだけ自社の業務に自信があることが伺えます。

具体的な集客戦略を持っている

効果的な入居者募集をしてくれるビル管理会社は、必ず具体的な集客戦略を持っています。

ただ闇雲に広告数を増やしたとしても、入居者候補の目に留まらなければ、何の意味もありません。

一方、優秀な管理会社は、広告の無駄撃ちをせず、ピンポイントでターゲットにアプローチすることを考えます。

もちろん、その内容については、ビルオーナーにも細かく説明してくれるでしょう。

まとめ

ここまで、入居者募集をする際、オーナーが依頼すべきビル管理会社の特徴を見てきました。

ビル経営において、空室を埋めることは最初の大きな目標です。

ただ、その後ろには経営規模の拡大などさまざまな目標があるため、満室にするまでに時間を費やしすぎるのは良くありません。

優秀なビル管理会社の力を借りて、スムーズに次のステップに進みましょう。

arrow_upward