9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2016年11月09日
八王子良いとこ!紹介ブログ

賃貸借契約を結ぶまではキャンセル出来ます。

 

お客様からよく受ける質問が

「入居申込書を出したら契約になるのですか?」

という質問。

答えは当然ながら・・・

「入居申込書を出したからといって契約にはなりません」

賃貸借契約書というものに貸主と借主が署名・捺印をすることによって正式に契約が成立します。

 

入居申込書はあくまでも借主側からの、この物件を借りたいという『意思表示』にすぎません。

その入居申込書に基づき、貸主側も貸すかどうかを決めることが出来ますし、

貸さないという判断をすることも出来ます。

 

一方、借主側も入居申込書を出してから、いろいろな事情によって、借りることが出来なくなってしまった場合、

申込みをキャンセルする事が出来ます。

つまり貸主も借主も「貸したい」とか「借りたい」などの意思表示を入居申込書によって示すことは出来ますが、

賃貸借契約を結ぶまでは契約が成立したことにはなりませんので、十分にご注意ください。

オーナーさん(貸主)もお客さん(借主)も契約直前になって、「やっぱりやめた!」ということも

たま~~にございますので。契約をしていないのだから、そういう事も可能なのですが、やはりこういうのは

お互い気持ちよくないですよね。信頼関係にもヒビが入りますし。

 

いずれにせよ・・・

「入居申込書を入れただけでは契約にはならない。

賃貸借契約書に双方が署名・捺印をする事によって契約が成立する。」

本日のワンポイントでした。

 

 

 

arrow_upward