タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2021年09月20日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『ビル経営における悩みは管理会社への依頼で解決しよう』

事業用のビル経営を行うオーナーは、さまざまな悩みに直面します。

また、それらの悩みはオーナーの力だけではなかなか解決できません。

よって、ビル経営では必ず管理会社を利用し、状況を好転させましょう。

ここからは、よくあるビル経営の悩みと、管理会社に依頼することで得られる効果を見ていきます。

手続きが煩雑

ビル経営におけるポピュラーな悩みとして、まず“手続きが煩雑”ということが挙げられます。

ビル経営におけるオーナーの業務は、主に建物や設備、入居者の管理です。

ただ、これらをオーナー1人で行うことは、基本的にはできません。

また、事業用のビルでは清掃や警備など、外部委託しなければいけない業務も多く、オーナーはさまざまな業者と手続きを結ぶ必要があります。

これが非常に煩雑であり、オーナー自身ですべて契約しようとすると、ミスも発生しがちですが、管理会社に依頼すれば、負担は大きく軽減されます。

実際の業務はすべて管理会社が行ってくれますし、外部委託における下準備や契約に関するサポートも受けられます。

自然災害への対策

ビル経営でよくある悩みとしては、“自然災害による対策”も挙げられます。

日本は世界的に見て自然災害の多い国であり、大規模な地震や台風、豪雨などが発生すると、ビルは甚大な被害を受ける可能性があります。

ただ、具体的にどのような対策を取れば良いかわからず、特に自然災害が発生しやすいエリアのオーナーは、日々不安な気持ちが拭えません。

そんなビル経営の不安や悩みは、管理会社に依頼して解決しましょう。

管理会社は、ビルにおける内外装の老朽化や工事のタイミングなどについて、適切なアドバイスや提案をしてくれるため、参考にすればある程度悩みは解消されます。

後継者がいない

ビル経営を行うオーナーの中には、“後継者がいない”ということに悩んでいる方もいるでしょう。

後継者が見つからない場合、オーナーはたとえ高齢であっても、なかなかリタイアすることができません。

ただ、このようなビル経営の悩みも、管理会社に依頼することで解決する可能性があります。

なぜなら、管理会社の中には自社ビルを所有しているところもあり、依頼すればビルを買い取ってもらえることがあるからです。

まとめ

ここまで、ビル経営の悩みを解決してくれる管理会社のメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

優秀な管理会社は、確かな実績とサポート体制を備えている上に、コストパフォーマンスも良いです。

また、単に建物の管理だけでなく、ビル経営全般に渡るノウハウや提案力があるため、きっとオーナーの心強い味方になってくれるでしょう。

arrow_upward