タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2021年05月03日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『オフィスビルの清掃を専門業者に依頼する際のポイント』

オフィスビルの清掃をオーナー自身が行うケースは、極めて少ないです。

一般的には、専門業者に依頼されることが多いですが、このときオーナーはさまざまなことを考慮して、適切な業者を選択しなければいけません。

ここからは、オフィスビルの清掃を専門業者に依頼する際のポイントを見ていきましょう。

清掃時間について

オフィスビルの清掃を専門業者に依頼する場合、清掃に入る時間はいつなのかについて、必ず確認しておきましょう。

一口にオフィスビルの清掃といっても、その作業内容は多岐に渡ります。

具体的には、タイルカーペットの掃除機がけ、ゴミ箱のゴミ回収などが主な作業ですが、依頼するなら、これらの作業を入居者の邪魔にならない早朝に行ってくれるところを選びましょう。

基本的に、どの清掃業者も早朝もしくは深夜に作業をするため、この条件に合う業者が見つからない心配は少ないです。

ただ、中には上記の時間帯に対応できない業者もいるため、注意してください。

セキュリティ対策について

オフィスビルの清掃を専門業者に依頼する場合、セキュリティ対策についても考慮しなければいけません。

前述の通り、業者が行う清掃作業は、基本的には深夜または早朝作業となります。

そのため、オーナーから清掃作業にオフィスビルの鍵やセキュリティカードを預け、開錠・施錠してもらう必要があります。

基本的に、オーナーはその場に立ち会いません。

よって、万が一のときに備えて、オーナーは機密性の高い部屋に立ち入らないようにしたり、各入居者にセキュリティ対策を促したりする必要があります。

破損対策について

オフィスビルの清掃を専門業者に依頼するなら、物品の破損対策も取っておかなければいけません。

清掃業者の担当者も人間ですから、作業中にビル内の設備を破損させてしまうことは十分考えられます。

しかし、不誠実な清掃業者に依頼すると、破損の事実を隠蔽されてしまうかもしれません。

よって、オーナーは清掃業者に対し、作業報告書に作業前・作業後の写真を添付するよう伝えておきましょう。

そうすることで、いつ・どのタイミングで設備が故障したのかがすぐにわかります。

まとめ

ここまで、オフィスビルの清掃を専門業者に依頼する際、オーナーが押さえておきたいポイントについて解説しました。

長年運営されている実績のある清掃業者であれば、基本的には安心して業務を任せられます。

一方、価格の安さだけで選んでしまうと、不誠実な対応をされたり、清掃が不十分だったりする可能性もあるため、注意してください。

arrow_upward