タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2021年02月08日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『賃貸物件を探すまでに解決しておきたい疑問について』

賃貸物件探しをするにあたっては、さまざまな疑問が生まれます。

また、その中には、賃貸物件探しを始めるまでに解決すべき疑問と、そうでない難しい疑問があります。

今回は、前者の疑問にはどんなものがあるのかについて解説しますので、同じ疑問を抱える方は参考にしてください。

木造物件って、本当に騒音がひどいの?

木造の賃貸物件への入居を検討している方は、「木造は本当に騒音がひどいのか?」という疑問を解決しておきましょう。

木造物件は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べて防音性が低いです。

そのため、夜勤が中心の方など、生活リズムが近隣住民と異なる方は、かなり騒音によるストレスを感じやすいでしょう。

具体的には、隣戸の話し声やテレビの音、あるいは物件に面した道路からの話声、雨音などが聞こえてくる事があります。

もちろん、築浅の木造物件の場合は、極端に防音性が低いというわけではありません。

アパートとマンション、どっちに住むべき?

賃貸物件探しをするのであれば、アパートとマンション、どっちに住むべきなのかという疑問も解決しておきましょう。

アパートに住むべき方は、なんと言っても“費用を抑えたい方”です。

アパートは比較的賃料設定が低いですし、共有部分がほとんどないため、管理費・共益費もリーズナブルです。

また、全体的に住戸数が少なく、近隣トラブルが起こる可能性も低めだと言えるでしょう。

一方マンションに住むべきなのは、ずばり“機能性を重視したい方”ですね。

マンションはアパートより賃料設定が高めですが、防音性や断熱性、耐震性や耐火性に優れている物件が多いです。

駅まで徒歩15分って遠い?

賃貸物件探しをしていると、“駅まで徒歩15分”というような物件を見かけることもありますが、これは果たして遠いのでしょうか?

少しイメージしにくいですよね。

駅まで徒歩15分は、距離にして大体1.2km程度のため、体力に自身がない方は少し辛いと感じるでしょう。

また、最寄り駅がターミナル駅の場合、入口からホームまでの距離が長いことを考えると、通勤や通学にはさらに時間がかかります。

そのため、賃貸物件探しをする際は、物件から駅まで実際に歩き、どれくらいの負担があるのかという疑問を解決しておくべきでしょう。

まとめ

ここまで、賃貸物件を探すまでに解決しておきたい疑問をいくつか解説してきましたが、いかがでしたか?

本記事を読んで、実際に「疑問を解決できた」という方がいれば、とても光栄です。

ただ、賃貸物件を探すまでに解決しておきたい疑問は、他にもたくさんありますので、自分はどんな疑問を解決しておくべきなのか、物件探しをする前に整理することも大切です。

arrow_upward