9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2016年07月24日
八王子良いとこ!紹介ブログ

【ラーメン店開業】10坪以下の店舗のメリットとデメリット

 

 

ラーメン店を開業する際、最初は10坪以下の物件選択する事をお勧めします。

 

10坪以下の店舗にする事のメリットは以下のものが考えられます。

まず大事なのが【人件費の削減】です。

何が無くとも人がいないとお店が回りません、だからと言って必要以上の人員は要りません。

という事で、、

【少ない人員で店舗を回せる】点です。

10坪以下の場合、1人ないし2人で店舗営業する事ができます。

 

『ピーク時(6時間)は2人体制アイドルタイム(6時間)は1人体制の場合』1日平均1.5人体制

従業員の総労働時間は1日18時間(時給1000円)の場合

 

1日の人件費は18000円です。

この分の人件費を回収する為には

18000÷(粗利率0.7)=約25000円

『粗利とは材料原価を引いた売上のことです』

人件費を回収する為に売る必要があります。

 

店舗を広くして平均2.5人体制で店舗運営した場合

1日の人件費は30000円です。

 

これを回収する為には約43000円売る必要があります。

差額は18000円1ヶ月営業した場合45万円差が出る事になります。

個人のラーメン店に取ってこの差額は非常に大きいです。

次に重要なのが

【光熱費が安く抑えられる】点です。

 

ラーメン店は一日中スープを炊いている為に、エアコン代がかなりの額になります。

その為、広い店舗は業務用エアコン1台では効かず、複数設置する事になります。

単純に狭い方が冷房効果が高いという事です。

 

ちなみに私が経営していた店舗は15坪でしたがエアコン代がピーク時月額【7万円】

でした。エコだからと言って室内35度の中ラーメンを食べたくないですよね。

光熱費は年間で60万円程になりました。開業してしまった後では節減し辛い部分ですから開業の際に注意が必要です。

 

ラーメン店の場合店舗を広げたからと言って売上が上がる訳では有りません。

狭い店は5名ほどお客さんが入れば流行っているように見えますが、

席数20席前後で5名ではガラガラに見えます。

 

飲食店において、流行っているように見えるという視覚効果が非常に重要です。

ガラガラのお店にはなんと無く入り難いものです。

ラーメン店開業する場合はその点を意識してみると良いと思います。

【10坪以下で開業するメリット続く】

 

arrow_upward