タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年10月31日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『賃貸物件に入居するまでの期間をなるべく短くするには?』

賃貸物件への入居を考える方の中には、できる限り入居するまでの期間を短くしたいという方もいるでしょう。

では、賃貸物件に入居するまでの期間を短くするには、具体的にどんなことを心掛ければいいのでしょうか?

急な転勤で、すぐに住まいを確保しなければいけない方などは、ぜひ参考にしてください。

賃貸物件に入居するまでの期間をなるべく短くする方法①最初から物件を絞り込んでおく

賃貸物件に入居するまでの期間を短くするには、ネットで検索し、最初から入居したい物件を2~3件に絞り込んでおきましょう。

そうすれば、不動産会社で賃貸物件を見せてもらい、そこから内見に行く物件を決めるという手間が省けます。

ただ、時間を短縮したいからといって、物件を1つに絞るのはおすすめできません。

なぜなら、その物件に内見に行き、イメージと違うとなると、また1から物件探しをしなければいけなくなり、余計な時間がかかるためです。

賃貸物件に入居するまでの期間をなるべく短くする方法②妥協する点は最初から決めておく

賃貸物件に入居するまでの期間をなるべく短くするには、ネットで物件をいくつかに絞る段階で、妥協する点を決めておきましょう。

つまり、内見に行った賃貸物件に何かしらの問題があった場合、どこまで許容するのかを最初から決めておくということです。

例えば、「駅チカの賃貸物件に住みたい!」という方は、「騒音が大きいことは我慢しよう」というように決めておくことで、契約までスムーズに進みやすくなります。

賃貸物件に入居するまでの期間をなるべく短くする方法③書類一式は揃えておく

賃貸物件に入居するまでの期間を短くするには、内見の日までに契約に必要な書類一式(住民票、印鑑証明書、収入証明書など)を揃えておきましょう。

賃貸物件に入居する際は、審査を受けなければいけませんが、必要な書類が揃っていなければ、その日のうちに審査を始められない可能性があります。

また、審査自体にも1週間以上かかるケースは珍しくないため、すぐに審査を初めてもらうことは、入居するまでの期間を短くするためには必要不可欠なことです。

まとめ

ここまで、賃貸物件に入居するまでの期間をなるべく短くするための方法について解説しました。

賃貸物件への早めの入居には、借主となる方の周到な準備がものを言います。

特に、不動産会社が忙しくなる時期などに内見をする場合、予約が殺到して、内見の時間が極端に短くなってしまうことも考えられるため、準備万端な状態で不動産会社に足を運ぶことは、とても重要です。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward