タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年10月09日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『初めて賃貸物件を契約する方が意識するべきこととは?』

これから初めて賃貸物件を契約するという方は、新たに始まる生活に心を躍らせていることでしょう。

ただ、初めて賃貸物件を契約する場合には、意識してほしいことが3つあります。

これらをしっかり意識していれば、入居後の生活が苦しくなったり、入居後に後悔したりすることも少なくなるでしょう。

 

初めて賃貸物件を契約する方が意識すべきこと①賃料を低めにする

初めて賃貸物件を契約する方は、まず賃料を低めに設定することを意識しましょう。

なぜなら、入居後には家具や家電など、必要なものが次々と見つかり、思いのほかお金がかかってしまうケースが多いためです。

これまで賃貸物件を契約した経験がある方なら、どのようなものにお金がかかるのかをある程度把握しているかと思いますが、初めて賃貸物件を契約する方は、あまり把握できていないケースが多いです。

そのため、現時点の給与で支払えるギリギリの賃料の物件に入居してしまうと、入居後の生活がとても苦しくなるでしょう。

初めて賃貸物件を契約する方が意識すべきこと②すぐ飛びつかない

初めて賃貸物件を契約する方は、気に入った物件にすぐ飛びつかないことも意識すべきです。

気に入った物件にすぐ飛びついてしまうと、入居後にデメリットが見つかったとしても、すぐ対処するのが難しくなるためです。

初めて賃貸物件を契約する方の中には、1度気に入った物件が見つかると、その物件の良いところしか見えなくなるという方も多いため、その点はしっかり留意しておいてください。

初めて賃貸物件を契約する方が意識すべきこと③なるべく実家の近くで借りる

地方への就職や進学に伴って、賃貸物件を契約するという場合は致し方ありませんが、そうでない場合は、できるだけ実家の近くで賃貸物件を借りることをおすすめします。

初めて賃貸物件を借りる方の多くは、学生もしくは新社会人です。

そのため、お金の管理や家事などに関して、まだまだ至らないところがあるケースも多いでしょう。

そんなとき、実家がすぐ近くにあれば、困ったときにサポートしてもらえる可能性は高いですし、何より生活に安心感が生まれます。

 

まとめ

ここまで、初めて賃貸物件を契約する方が意識すべきことについて解説しました。

「早く実家を出たい」「とにかく良い部屋に住みたい」といったような理由だけで、すぐに賃貸物件を契約してしまうと、後々後悔する可能性が高いです。

逆に、しっかり意識すべきことを意識して、理想的な賃貸物件に入居できれば、新生活はさらに豊かになることが予想されます。

arrow_upward