タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年06月08日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『工場が多いエリアの賃貸物件における注意点について!』

これから賃貸物件を借りようとする方の中には、お気に入りの賃貸物件がたまたま工場の多いエリアにあったという方もいるかもしれません。

ただ、工場が多いエリアの賃貸物件を借りる際は、事前にしっかり注意点を押さえておきましょう。

詳しく解説しますので、入居後後悔しないためにも参考にしてください。

工場が多いエリアの賃貸物件における注意点①騒音が聞こえやすい

工場が多いエリアの賃貸物件では、騒音が聞こえやすくなります。

特に、金属を叩く音や切る音などは、かなり大きい音になることが多いです。

もちろん、夜になれば騒音は聞こえなくなりますが、深夜に仕事をして、朝や日中に睡眠を取るというような方は、これらの騒音が大きなストレスになるかもしれませんので、注意しましょう。

工場が多いエリアの賃貸物件における注意点②空気が汚れやすい

工場が多いエリアの賃貸物件には、空気が汚れやすいという注意点もあります。

工場内では、さまざまな作業によって、騒音だけでなく粉塵なども発生します。

工場は基本的に、窓や入口を開け放って作業をしていることが多いため、周辺エリアの空気も必然的に悪くなりやすいでしょう。

工場が多いエリアの賃貸物件における注意点③自転車がパンクしやすい

自転車がパンクしやすいというのも、工場が多いエリアの賃貸物件における注意点の1つです。

なぜかと言うと、工場の周りには鉄くずのような細かい部品が落ちていることが多いためです。

そのため、工場が多いエリアに住むのであれば、何度も自転車を修理しなければいけないことも覚悟しておきましょう。

工場が多いエリアの賃貸物件における注意点④周辺施設が少ないケースが多い

工場が多いエリアの賃貸物件は、工場以外の周辺施設が少ないケースが多いです。

工場が多いエリアには工場ばかりが集まることが多いため、必然的に他の施設を建てる場所がなくなるのです。

また、工場が多いエリアに、ポツンと1つだけコンビニなどがあるケースでは、ランチの時間、周辺の工場で働く方でとても混雑します。

そのため、工場が多い賃貸物件に住むなら、周辺施設の存在や数もしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

ここまで、工場が多いエリアの賃貸物件における注意点をいくつか解説しました。

他の条件がどれだけ良くても、近くに工場が多いということを無視して入居するのは、とてもリスクが高いと言えます。

また、騒音の大きさや空気の具合などを事前に知りたいという方は、内見に訪れるだけでなく、その賃貸物件の周辺を歩くなどして、詳しくチェックするようにしましょう。

arrow_upward