タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年04月30日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『入居者もオーナーも押さえておくべき賃貸トラブルはこれ!』

賃貸物件の入居者は、入居者同士のトラブルに巻き込まれると、生活において息苦しさを感じてしまいます。

一方、オーナーは、自身の物件で入居者同士のトラブルが発生すると、解決するための対応に追われることになるでしょう。

今回は、入居者もオーナーも押さえておくべき、入居者同士の賃貸トラブルについて解説します。

入居者もオーナーも押さえておくべき入居者同士の賃貸トラブル①ペット関連のトラブル

ペット飼育可の賃貸物件では、「ペットの鳴き声がうるさい」「ペットの臭いがひどい」といった苦情がオーナーに入ったり、鳴き声や臭いが原因で、入居者同士が揉めたりといったトラブルがよく発生します。

入居者もオーナーも押さえておくべき入居者同士の賃貸トラブル②タバコ関連のトラブル

部屋が汚れるのを嫌ったり、家族に嫌煙家がいたりする場合、賃貸物件の入居者はベランダあるいはバルコニーでタバコを吸います。

ただ、これにより、他の部屋の洗濯物ににおいが付いたり、灰が落ちたりして、入居者同士がトラブルを起こす可能性があります。

入居者もオーナーも押さえておくべき入居者同士の賃貸トラブル③ゴミ出し関連のトラブル

入居者が深夜にゴミ出しをすることで、他の入居者がうるさいと感じてしまったり、入居者がゴミを散乱させてしまうことで、他の入居者が不快感を覚えたりするというトラブルも、賃貸物件ではよく起こります。

入居者もオーナーも押さえておくべき入居者同士の賃貸トラブル④共有部分の使い方に関するトラブル

例えば、ある入居者が賃貸物件の廊下に私物を置いていることによって、他の入居者の通行の邪魔になったり、駐輪場における自転車の停め方が雑だったりといったことは、入居者同士のトラブル、オーナーへのクレームに繋がりやすいです。

入居者もオーナーも押さえておくべき入居者同士の賃貸トラブル⑤騒音トラブル

「上の階の入居者の足音がうるさい」「隣の入居者の話し声がうるさい」といったクレームがオーナーに入ったり、それが原因で入居者同士が揉めてしまったりするケースは、どんな賃貸物件でも起こり得る一般的なトラブルです。

まとめ

ここまで、入居者もオーナーも押さえておくべき、入居者同士の賃貸トラブルについて解説してきました。

初めて賃貸物件に入居する方、そしてこれから賃貸物件のオーナーとしてデビューするという方は、上記のトラブルがよく起こることを頭に入れておきましょう。

そうすれば、入居者はトラブルを起こさないように注意して生活できますし、オーナーはクレームが入っても、解決に向けて迅速に動きやすくなります。

arrow_upward