タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年04月25日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『【入居者の状況別】賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点』

賃貸契約を結ぶには、住民票や印鑑証明書など、さまざまな書類が必要になります。

また、入居者の状況によって、賃貸契約に必要な書類は変わってきます。

そのため、今回は、賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点について、入居者の状況別に解説したいと思います。

【入居者の状況別】賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点①入居者が一般の会社員の場合

入居者が一般の会社員の場合、賃貸契約をするにあたって、源泉徴収票の提出が求められることが多いです。

所有している場合はそのまま提出すればいいですが、もし持っていないのであれば、会社に発行してもらう必要があります。

その際は、依頼してから発行までにある程度時間がかかることもあるため、なるべく早めに依頼しておきましょう。

【入居者の状況別】賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点②入居者が新社会人の場合

入居者が、これから仕事を始める新社会人である場合、働き始める会社から発行される内定通知書が必要になります。

また、新社会人が賃貸契約を結ぶのは、働き始める前であることがほとんどのため、収入を証明する書類に関しては、その時点ではまだ発行されていません。

したがって、事前に働き始める会社に連絡し、大体の年収がわかる書類を発行してもらうようにしましょう。

【入居者の状況別】賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点③入居者が自営業の場合

入居者が自営業で生活しているという場合は、賃貸契約の際に確定申告書を提出します。

また、納税通知書、自身の会社の支払報告書などの書類を用意しなければいけないこともあるため、何が必要なのかについては、必ず不動産会社に質問しておくことをおすすめします。

【入居者の状況別】賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点④入居者が仕事をしていない場合

仕事をしていない方が賃貸契約を結ぶのは、決して簡単ではありません。

まとまった貯金がなければ、まず賃貸契約はできないと考えておきましょう。

ただ、仕事をしていない方の中で、生活保護などを受けている方は、生活保護の申請書、生活保護関連の書類を提出することで、賃貸契約が出来る事があります。

まとめ

ここまで、賃貸契約に必要な書類集めにおける注意点について、入居者の状況別に解説しました。

賃貸契約を結ぶのであれば、入居者の状況によっては、少し書類集めが大変になるということを覚えておきましょう。

また、たとえ入居者がどんな状況であっても、早めに不動産会社に必要な書類を教えてもらい、準備期間を長めに確保しておくことは重要です。

arrow_upward