タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年03月26日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『トランクルームを賃貸する際のチェックポイントについて』

トランクルームを賃貸するという機会は、個人、法人問わず訪れる可能性があります。

ただ、トランクルームの賃貸には、トランクルームの賃貸ならではのチェックポイントがあるため、前もって把握しておきましょう。

しっかり把握していないと、賃貸後のトラブルに繋がってしまいます。

トランクルームを賃貸する際のチェックポイント①禁止事項

トランクルームを賃貸する際に交わす契約書には、必ずと言っていいほど、そのトランクルームにおける禁止事項が記載されています。

例えば、火器や貴金属、においが強いものなどは、トランクルームでの保管が禁止されていることが多いため、しっかり契約書に目を通して確認しましょう。

また、契約書には、トランクルームにおける設備の使用方法、共有スペースにおけるルールなども記載されているため、知らず知らずのうちに契約違反になってしまわないよう、そちらもチェックしておくべきです。

トランクルームを賃貸する際のチェックポイント②補償の有無

トランクルームを賃貸する際は、保管するものに対する補償がどのようになっているかもチェックする必要があります。

こちらも禁止事項と同じく、契約書をチェックすることで把握できます。

また、チェックした上で、特に補償がされないということがわかった場合は、たとえセキュリティ性に優れたトランクルームであったとしても、自身で盗難保険、火災保険などに加入することをおすすめします。

盗難や紛失、焼失すると取り返しのつかないものを保管する場合は、特にその必要があるでしょう。

トランクルームを賃貸する際のチェックポイント③解約時のルール

トランクルームを賃貸する場合は、解約時のルールについてもしっかりチェックしておきましょう。

例えば、解約する際、どんな費用がかかるのかなどは、必ずチェックして把握しておきます。

トランクルームに傷をつけてしまった場合などは、解約時に修理費用を負担しなければいけないことも多いため、注意が必要です。

また、当然ですが、解約時に発生する費用を把握するだけでなく、その費用を発生させないような使い方を心掛けるのも大切です。

まとめ

ここまで、トランクルームを賃貸する場合のチェックポイントについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?

賃貸住宅を借りるときと同じような感覚でいると、トランクルームを賃貸する場合のチェックポイントを見落としてしまう可能性が高くなるため、注意しましょう。

チェックポイントを見落とすと、貸主やその他のトランクルームの借主とのトラブルに繋がってしまいます。

arrow_upward