タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2020年03月11日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『賃貸物件の空室増加を防ぐためにオーナーがすべきこととは?』

賃貸物件のオーナーがよく遭遇するトラブルに、急激な空室増加が挙げられます。

空室が増加すればするほど、オーナーは当初想定していた賃料収入を達成することが難しくなります。

したがって、今回は賃貸物件の空室増加を防ぐためにオーナーがすべきことについて、具体的に解説します。

賃貸物件の空室増加を防ぐためにオーナーがすべきこと①入居条件を魅力的にする

賃貸物件の空室増加を防ぐためには、入居条件を魅力的にすることをおすすめします。

具体的には、賃料を相場より低めに設定したり、ペットOKにしたり、楽器演奏OKにしたりといった方法が挙げられます。

入居条件が魅力的であれば、空室が増加しても次の入居希望者が見つかりやすくなりますし、なんと言っても、現在の入居者が退去する可能性が低くなります。

特に、お世辞にも人気のエリアとは言えない立地にある賃貸物件では、入居条件で人気エリアの物件に対抗することが大事でしょう。

賃貸物件の空室増加を防ぐためにオーナーがすべきこと②家具や家電を進呈する

賃貸物件の空室増加を防ぐには、新たな入居者に対して、家具や家電を進呈するサービスを実施するのも1つの手です。

このサービスを実施すれば、当然入居者は獲得しやすくなりますし、入居者に良い印象を持ってもらいやすくなるため、急激な空室増加も起こりにくくなるでしょう。

特に、学生や1人暮らしの方が住むことの多いワンルーム、1Kなどの賃貸物件では、ぜひ導入したいサービスですね。

賃貸物件の空室増加を防ぐためにオーナーがすべきこと③リフォーム、リノベーションをする

賃貸物件の空室増加対策としては、リフォームまたはリノベーションをすることも効果的です。

賃貸物件の入居者の中には、リフォームやリノベーションがされないことを不満に思い、退去してしまう方も少なくありません。

また、各部屋ではなく、建物自体に不備や老朽化が見られる場合、急激な空室の増加に繋がりやすくなるため、オーナーは1度建物の状態を改めて確認しましょう。

もちろん、費用との兼ね合いもありますが、急激に空室が増加し、賃料収入が激減する前には判断するべきだと言えます。

 

まとめ

ここまで、賃貸物件の空室増加を防ぐために、オーナーがやるべきことについて解説しました。

賃貸物件における入居条件や建物、部屋、設備の状況を常にチェックし、適切な対策を取ることで、急激な空室増加は防げるでしょう。

また、賃貸物件の環境を良くしておけば、もし空室が増加したとしても、すぐに新しい入居者によって空室を埋めることができます。

arrow_upward