タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年12月28日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『ストレスを感じやすいオフィスビル環境について考えよう』

オフィスビルのオーナーは、なるべく入居者である企業がストレスを感じにくい環境を提供しなければいけません。

したがって今回は、ストレスを感じやすいオフィスビル環境とはどんなものなのかについて学んでいきましょう。

今回の記事を参考に、各ポイントを見直していただけると幸いです。

入居者がストレスを感じやすいオフィスビル環境①プライバシーの配慮に欠ける

プライバシーの配慮に欠けるオフィスビルは、入居者にストレスを与えてしまう可能性が高くなります。

例えばオフィスビルにおける来客エリアと執務エリアが近い場合、入居者である企業のプライバシーは守られにくくなるため、注意が必要です。

またシェアオフィスという形でオフィスを提供する場合は、オープンスペースだけでなく、パーテーションなどで区切られた個室スペースも完備するべきです。

入居者がストレスを感じやすいオフィスビル環境②空調の効きが悪い

空調の効きが悪いオフィスビルは、季節問わず入居者にストレスを与えてしまいます。

もちろん、その空調の温度が快適かどうかは人によって異なりますが、多くの入居者から不満が出ている場合は必ず改善しましょう。

エアコンフィルターの洗浄や、サーキュレーターなどを利用した空気循環などの応急処置を行っても改善されない場合、空調の入れ替えも視野に入れておかなければいけません。

また中央管理空調(セントラル空調)を採用することで不満が出ている場合は、個別空調を併用することをおすすめします。

入居者がストレスを感じやすいオフィスビル環境③トイレが汚い、数が少ない

入居者がストレスを感じやすいオフィスビル環境には、トイレが汚い、トイレの数が少ないという環境も挙げられます。

特に女性の入居者が多いオフィスビルにとって、清潔感のあるトイレを提供することはとても重要です。

したがって、トイレに清潔感があるかどうか、トイレの清掃頻度はどれくらいかなどは必ず確認しましょう。

また入居者の人数に対して、適切な数のトイレが設置されているかどうか、トイレは男女別になっているかどうかも1度チェックするべきです。

まとめ

入居者がストレスを感じやすいオフィスビル環境について解説しましたが、理解していただけたでしょうか?

自身が経営するオフィスビルが、上記の“ストレスを感じやすいオフィスビル環境”に該当している場合、すぐに対策を取らなければいけません。

入居者のストレスは、入居者とオーナーとのトラブルだけでなく、時に入居者同士のトラブルにも発展してしまう可能性があるためです。

arrow_upward