タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年12月22日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『オフィスビルのオーナーが悩んでいることランキング!』

オフィスビルのオーナーは、日々経営におけるさまざまな問題に直面し、悩みを抱えています。

今回は、これからオフィスビルのオーナーになる方に向けて、オフィスビルのオーナーが悩んでいることをランキング形式で紹介したいと思います。

事前に悩みを知っておくことで、多少なりと経営は円滑化できるでしょう。

オフィスビルのオーナーが悩んでいることランキング第4位:管理に手間がかかる

オフィスビルにおいて、ビル管理業務を一括委託していない場合、オーナーはさまざまな管理業務を自身で行うことになります。

例えば電気が切れたら交換しなければいけませんし、空調の調子が悪かったり破損個所が見つかったりすれば、業者に依頼しなければいけないため、これらの業務を負担に感じているオーナーは少なからず存在します。

オフィスビルのオーナーが悩んでいることランキング第3位:賃料を滞納されている

オフィスビルのオーナーの中には、入居者による賃料の滞納に悩んでいる方もいます。

どれだけオフィスビルの空室が埋まっていても、賃料を滞納されてしまうと、思うように利益を上げることはできません。

また賃料を滞納されると、経済的なダメージが大きくなるだけでなく、滞納の解消に向けた督促などの作業をしなければいけないため、オーナーの身体的、精神的負担も大きくなります。

オフィスビルのオーナーが悩んでいることランキング第2位:空室が埋まらない

空室が埋まらないという悩みも、オフィスビルのオーナーの多くが抱えている悩みの1つです。

通常、オフィスビルを経営する前に行われる利回りの計算は、オフィスビルの空室がすべて埋まっていることを前提に行われます。

したがって、空室が埋まらない状況が続くということは、利回りが想定よりもどんどん低くなっていくことを意味します。

オフィスビルのオーナーが悩んでいることランキング第1位:クレーム対応が大変

オフィスビルのオーナーへのクレームは、入居者である企業や店舗からだけでなく、周辺住民から寄せられる場合もあります。

また基本的に、入居者が多いオフィスビルの方がクレーム発生の可能性は高くなるため、空室をすべて埋めることができたとしても、オーナーの身体的、精神的負担は増える可能性があります。

まとめ

オフィスビルのオーナーが悩んでいることをランキング形式で紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

これからオフィスビルのオーナーになる方は、自身が上記のような悩みに直面する可能性があることを留意しておきましょう。

またオーナーは悩みを自身で抱え込まず、専門家の力を借りて早急に解決するように心掛けましょう。

arrow_upward