タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年12月14日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『ビルオーナーが導入を検討すべき“オフィスコンビニ”とは?』

近年オフィスビルにおいて、“オフィスコンビニ”というサービスがとても注目を集めています。

したがって今回は、オフィスコンビニの概要や導入することの利点、導入する際に気を付けることについて解説します。

ビルオーナーは、入居者の満足度をアップさせる1つのサービスとして、ぜひ導入を検討しましょう。

“オフィスコンビニ”の概要

オフィスコンビニとは、オフィスビルの一画に設けられた飲料、軽食、日用品などを購入できる小規模なスペースのことを言います。

これだけ聞くと、売店のようなものをイメージする方も多いかもしれませんが、オフィスコンビニには基本的に無人であり、そこが売店とは大きく異なる点です。

オフィスコンビニを導入することの利点

ビルオーナーがオフィスコンビニを導入することで、入居者には以下のような利点が生まれます。

 

Ÿ   時間を効率的に使える

オフィスビルの入居者は、オフィスビル内で簡単に飲料や軽食を購入できるため、外に出る必要がなく、時間を効率的に使えます。

また購入はセルフサービスのため、長い間レジに並ぶようなこともありません。

 

Ÿ   商品がリーズナブル

オフィスコンビニで販売される商品の多くは、店頭で購入する商品よりもリーズナブルな価格設定になっており、入居者のお財布にも優しいです。

 

Ÿ   災害時に役に立つ

オフィスコンビニは、自動販売機、冷蔵庫などを利用して商品が販売されますが、そのほとんどは災害時にも稼働します。

したがって、入居者が一時オフィスビルから出られない状態になっても、ある程度の飲料と食品は確保できます。

オフィスコンビニを導入する際に気を付けること

オフィスコンビニを導入する際は、まず自身の所有するオフィスビルが、利用条件をクリアしているかを確認しましょう。

基本的に、入居者が10人以下などの小さなオフィスビルであれば、オフィスコンビニを導入できないケースが多いです。

またオフィスコンビニは、50種類前後の商品から、そのオフィスビルの入居者のニーズに合った商品を選んで販売することができます。

ただニーズに合っていない品揃えをしてしまうと、入居者にとって便利なサービスにはならないため、注意が必要です。

まとめ

ビルオーナーが導入すべき、オフィスコンビニについて解説しました。

近年は効率的な働き方を実践する企業が増加しており、オフィスコンビニのニーズはこれからもっと増えることが予想されます。

またオフィスコンビニには、導入コストがほとんどかからないものもあるため、気になる方はぜひ1度詳しくチェックしてみてください。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward