タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年11月09日
テナント(店舗)・オフィス(事務所)に関する大切なこと

『入居者が退去するタイミングでビルをリニューアルするべき!』

テナントビルやオフィスビルのオーナーの中には、“ビルのリニューアルをどのタイミングで行えばいいのかわからない”という方もいるでしょう。

ビルのリニューアルに向いているタイミングは、ずばりそのビルの入居者が退去するタイミングです。

ではなぜ、入居者が退去するタイミングでリニューアルするべきなのでしょうか?

入居者が退去するタイミングでビルをリニューアルすべき理由①入居者の業務の邪魔にならない

入居者が退去するタイミングでビルをリニューアルすべき理由には、まず入居者の業務の邪魔にならないということが挙げられます。

入居者がいる状態でリニューアルをしようとすると、一時的に入居者が利用できるスペースや設備が限定される可能性があり、業務の妨げにもなりかねません。

入居者が退去するタイミングでリニューアルをすれば、入居者の業務を妨げることもありませんし、オーナーは気兼ねなくリニューアルを進めることができます。

入居者が退去するタイミングでビルをリニューアルすべき理由②戦略的なリニューアルになりやすい

入居者が退去するタイミングで行うビルのリニューアルは、戦略的なリニューアルになりやすいという傾向にあります。

入居者がいる状態では、その入居者の要望を加味する必要があるため、なかなか現在のニーズやトレンドに合わせたリニューアルを行うのが難しくなります。

ただ入居者が退去するタイミングであれば、オーナーが独自にニーズやトレンドを反映させたリニューアルをしやすくなります。

またこのタイミングで、賃料もアップさせやすくなります。

入居者が退去するタイミングでビルをリニューアルすべき理由③積極的にコストを費やせる

入居者が退去するタイミングでビルをリニューアルすれば、積極的にリニューアルに対するコストを費やせるようになります。

入居者がいる状態でのリニューアルは、単なる“修繕”と捉えるオーナーが多く、なかなか積極的にコストを費やしにくい傾向にあります。

ただ入居者が退去するタイミングでのリニューアルは、単なる修繕ではなく、次の入居者の早期誘致や賃料アップに繋がる戦略と捉えられるため、コストを費やしやすいでしょう。

まとめ

入居者が退去するタイミングで、ビルをリニューアルするべき理由について解説しました。

このタイミングでのリニューアルは、単に入居者の邪魔にならないだけでなく、充実したリニューアルに繋がりやすいと言えます。

ただ次の入居者を早期に募集し、テナントを埋めないことには賃料収入を得ることができないため、事前にしっかりと計画を立てておくことは重要です。

arrow_upward