タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年10月03日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『オフィスビルを建設する際は周辺環境について考慮しよう』

人通りが多かったり、オフィスビルが密集していたりする場所は、オフィスビルを建設するのに適しているというイメージがあります。

ただ効率的に入居者を集めたいのであれば、もっと細かくオフィスビル建設予定地の周辺環境について考慮しなければいけません。

では具体的に、どんなところを考慮するべきなのでしょうか?

考慮するべきオフィスビル建設予定地の周辺環境①最寄り駅について

最寄り駅が近い場所にオフィスビルを建てようと考えるオーナーは、決して少なくないでしょう。

ただ最寄り駅が近いだけでは、効率的に入居者を集められません。

オフィスビルを建設する場合、乗降客数が多く、歴史が長い最寄り駅の近くを選ぶようにしましょう。

逆に歴史が浅く、乗降客数が少ない駅が最寄り駅の場合、アクセスの面で魅力的に感じてくれる入居者が現れにくくなります。

考慮するべきオフィスビル建設予定地の周辺環境②最寄り駅からオフィスビルまでの道のりについて

オフィスビルを建築する場合、最寄り駅からオフィスビルまでの道のりについてもしっかり考慮する必要があります。

例えば、最寄り駅からオフィスビルまでの道のりがごみごみしていたり、風俗店や消費者金融などが多かったりすると、入居者希望者に対して良いイメージを与えにくくなります。

また最寄り駅からオフィスビルに向かう道中、複数の車線がある大通りなどを挟んでしまうと、“アクセスしにくい”とイメージされやすくなり、入居者は効率的に集まりません。

また入居者だけでなく、そのオフィスビルに訪れる来客にとっても、不便な周辺環境となってしまいます。

考慮するべきオフィスビル建設予定地の周辺環境③周辺施設について

オフィスビルを建設する場合、周辺にある施設についても必ず考慮しましょう。

例えばオフィスビル建設予定地のすぐ近くに公園があったり、規模の大きい飲食店があったりする場合、入居者に魅力を感じてもらいやすくなります。

逆に古い雑居ビルが多く立ち並んでいたり、丸見えになっている墓地などがあったりする場合は、“良いオフィスビル”というイメージを持ってもらいにくく、入居者希望者を効率良く集められないことが予想されます。

まとめ

オフィスビルを建設する際に考慮したい、建設予定地の周辺環境について解説しました。

オフィスビルを建築する際は、コストと相談しながら導入する設備や間取り、ビルの規模を決定したり、施工期間や契約する業者を決定したりしなければいけません。

またそれらを決定するときと同じくらい、建設する場所の決定に関しては注力する必要があります。

arrow_upward