タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年08月30日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『テナントビルの地下にある部屋を貸し出す場合について』

テナントビルのオーナーの中には、地上だけでなく地下にも部屋が存在するテナントビルを所有する方もいます。

ではテナントビルの地下にある部屋を貸し出す場合、果たしてどこにターゲットを絞ればいいのでしょうか?

地下の部屋の入居者がなかなか埋まらずに悩んでいるオーナーは、ぜひ参考にしてください。

テナントビルの地下にある部屋を貸し出す場合、ターゲットはどこに絞る?

テナントビルの地下にある部屋は、太陽光が当たらない上に、外の状況などを確認しにくいため、通常の企業にはあまり人気がありません。

したがって、テナントビルの地下にある部屋を貸し出す場合、“業務上振動、音が出る企業”にターゲットを絞るようにしましょう。

業務上振動、音が出る企業には、主に“軽印刷業”などが該当します。

軽印刷業とは、小さな印刷機または製本機を使用し、印刷物を作製することを主な事業としている企業のことを言います。

上層階に入居する場合、上記のような機械を使用すると下の階に振動や音が伝わってしまうため、当該企業は耐震性や防音性に優れたテナントビルへの入居を余儀なくされます。

ただテナントビルの地下にある部屋であれば、下の階に振動や音が伝わる心配がないため、軽印刷業の企業にとってはとても良い環境ということになります。

また軽印刷業以外にも、振動や音が伝わりやすい業種(施設)として、ダンススクールなどをターゲットにすることをおすすめします。

会員制の飲食店もターゲットにするべき

飲食店にターゲットを絞るのであれば、“会員制の飲食店”をターゲットにするべきでしょう。

テナントビルの地下は、商業ビルと違って地下道などに繋がっていることが少ないため、通常の飲食店をオープンさせる場所としては、決して向いているとは言えません。

ただ会員制の飲食店であれば、限られた人物しか来店することができないため、会員以外の集客を考える必要がありません。

したがってテナントビルのオーナーが飲食店を募集するのであれば、会員制の飲食店だけにターゲットを絞る方が、効率的に入居者を確保できるでしょう。

具体的には、スナックやバー、小料理屋などが挙げられます。

まとめ

テナントビルの地下にある部屋を貸し出す場合、どこにターゲットを絞ればいいのかについて解説しました。

テナントビルの地下にある部屋は、通常の企業や飲食店における需要が少ないため、地下の特徴を理解して、向いている企業や店舗に貸し出すことを意識しましょう。

また地上階よりも少し賃料を低めに設定しておけば、ある程度すぐに入居者は集まることが期待できます。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward