タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年07月26日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『オフィスビルのロビー設計において気を付けたいこと』

オフィスビルのロビーは、オフィスビルに訪れた方がもっとも最初に目にする場所です。

また来客をロビーから別の部屋に案内することも多いため、オフィスビルのオーナーは、そのことも考慮したロビー設計をしなければいけません。

したがって今回は、オフィスビルのロビー設計において気を付けたいことについて解説します。

応接室や会議室はロビーの近くに設けるべき

冒頭で少し触れたように、オフィスビルのロビーから、来客を別の部屋に案内する機会は多いです。

したがって応接室または会議室など、来客を案内することが多い部屋は、なるべくロビーから案内しやすい場所に設けることをおすすめします。

言い換えれば、オフィスビルのロビーを応接室、会議室などの近くに設置するべきだということです。

またロビーから応接室、会議室などに案内するまでの道中には、できるだけ更衣室やサーバールームなど、関係者以外が立ち入れない部屋を設けないようにします。

ロビーにある受付から左右に社員が利用するエリア、来客が利用するエリアと振り分けることができれば、もっとも効率的な設計となるでしょう。

来客の利便性を考えることが大事

オフィスビルのロビーには、受付のカウンターや傘立て、観葉植物などが設置されることも多いです。

これらの備品は、来客の動線を考えて設置することをおすすめします。

また社員が利用する傘立てなどの備品は、ロビーには設置しないようにしましょう。

ロビーに備品を置きすぎると、来客の動線の妨げになるだけでなく、ロビーが開放感を失ってしまうことにもなります。

また初めてオフィスビルに訪れた来客のために、ロビーの受付は入口付近、または入口から正面に見える場所に設けるべきでしょう。

ロビーの受付に従業員を配置しない場合

人件費などの問題から、ロビーの受付に従業員を配置しないオフィスビルも増加しています。

ただ受付に従業員を配置しない場合は、入口からロビーの内部が見えないようにパーテーションを設けたり、入口の扉にオートロックを設けたりする必要があります。

また来客が訪れてもすぐ気付けるように、ロビーの受付には必ず呼び出し用のインターフォンを設置しておきましょう。

まとめ

オフィスビルのロビー設計において、気を付けたいことをいくつか解説しました。

入口やロビーの設計にこだわることで、来客に良い印象を与えることができ、それが最終的にはオフィスビルの価値の上昇にも繋がります。

また来客に喜んでもらうだけでなく、入居者である企業の満足度を高めるためにも、適切なロビー設計は必要不可欠だと言えます。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward