タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年07月16日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『薬局や医院が複数入っているビルを経営する利点と欠点』

ビルのテナントにおける入居者と言えば、事務所や店舗をイメージされる方が多いでしょう。

ただ中には、入居者を薬局や医院に絞ってビル経営をするオーナーもいます。

では薬局や医院が複数入っているビルの経営には、どのような利点と欠点があるのでしょうか?

詳しく解説します。

薬局や医院が複数入っているビル経営の利点

薬局や医院が複数入っているビルを経営する利点は以下のとおりです。

 

Ÿ   長く入居してもらえる

薬局や医院は、1度開業させると移動する可能性が低いため、長く入居してもらいやすくなります。

したがって事務所や店舗が入っているビルと比べて、空室リスクは少ないでしょう。

 

Ÿ   安定した利益を得られる

薬局や医院は、比較的景気動向、経済動向に流されにくい業界だと言われています。

今も昔も人々の需要が減ることはないサービスのため、ビルオーナーは安定した利益を得ることができます。

 

Ÿ   開業医に需要がある

都心部では、地価の高さからなかなか医院を開業できない方も多いです。

薬局や医院のみが入っているビルはそのような開業医の需要が高く、ビルオーナーは入居者を確保しやすいでしょう。

薬局や医院が複数入っているビル経営の欠点

続いては、薬局や医院が複数入っているビルを経営する欠点について解説します。

 

Ÿ   ビル建築のコストがかかりやすい

薬局や医院が複数入るビル経営を建築から始める場合、コストがかかりやすくなります。

なぜかと言うと、ビルに訪れる患者に配慮し、バリアフリー設計にしたり、エレベーターのサイズを大きくしたりする必要があるためです。

 

Ÿ   医療の知識が必要になる

薬局や医院が複数入っているビル経営を行うのであれば、多少は医療に関する知識を身に付けなければいけません。

したがってビル経営をスタートさせる際は、専門家のアドバイスが欠かせないでしょう。

 

Ÿ   入居者が集まるまでに時間がかかる場合がある

先ほど、薬局や医院のみが入っているビルは、開業医の需要が高いという話をしました。

ただあくまで入居者を薬局や医院に絞っているビルのため、早く入居者が集まるかどうかは別問題です。

事業所や店舗、レジャー施設など総合的に入居者を募集しているビルに比べると、比較的入居者が集まるまでには時間がかかるでしょう。

まとめ

薬局や医院が複数入っているビル経営の利点、欠点を解説しましたが、いかがだったでしょうか?

オフィスビルや通常のテナントビル、商業ビル以外にもこのような選択肢があるということは、認識していただけたかと思います。

入居者を薬局や医院だけに絞るのは難しいと判断する場合は、まず入居者の選択肢の1つとして、薬局や医院を入れることを考えるのも良いでしょう。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward