タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年06月19日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『ビルオーナーはオフィスの仕切りにおける役割を知っておこう』

ビルオーナーとして1からスタートする場合、ビルの建設から始める方もいます。

ビルの建設において重要な作業の1つにオフィスの設計が挙げられますが、そのオフィスで使用される仕切り(パーテーション)にはどんな役割があるかをご存じですか?

今回は、オフィスの仕切りにおける役割を細かく解説します。

オフィスの仕切りにおける役割①新しいスペースを作る

オフィスの仕切りには、まず新しいスペースを作るという役割があります。

1つの階を仕切りで区切ることによって、複数の企業にオフィスとして提供することもできますし、1つの企業が用途に応じて使い分けられるスペースを確保することもできます。

また入居者となる企業の要望に合わせて、仕切りの場所は簡単に変更できるため、非常に便利です。

オフィスの仕切りにおける役割②目隠し

オフィスの仕切りには、目隠しとしての役割もあります。

仕切りを活用して部署ごとに利用するスペースを分けることで、周囲の視線が気になりにくく、入居者となる企業が仕事に集中できる環境を提供できます。

また目隠しとしての役割だけでなく、多少周囲の音を遮る壁としての役割も果たしてくれます。

オフィスの仕切りにおける役割③オシャレさを演出する

オフィスの仕切りには、オシャレさを演出する役割もあります。

スペースの用途によって仕切りの色を変更したり、サイズを変更したりすることで、オシャレな空間を生み出すことができます。

近年はデザイン性に優れた仕切りも多く販売されており、そのような仕切りを設置すれば、入居者となる企業により快適なオフィスを提供しやすくなります。

オフィスの仕切りはどんな素材がある?

オフィスにおいてさまざまな役割を果たす仕切りには、一体どんな素材があるのでしょうか?

よく用いられているのは、アルミ製の仕切りです。

アルミは軽量かつ丈夫であり、導入コストも安価であることから非常に需要があります。

その他には、ガラス製の仕切りも比較的ポピュラーです。

ガラス製の仕切りはオフィスの開放感を演出することができ、採光にも優れているため、導入すれば明るく快適なオフィスを提供できます。

まとめ

ビルオーナーが知っておくべき、オフィスの仕切りにおける役割について解説しました。

これからオフィスの設計を行うオーナーは、仕切りが持つ役割を十分に理解し、効果的に活用して入居者の満足度を向上させましょう。

またオフィスの分割貸しを検討するオーナーは、仕切りの設置だけでなく各スペースに対する消防設備の設置なども忘れないようにしてください。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward