タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年06月11日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『経営に苦しむ事務所ビルを店舗ビルに変更する利点について』

ビルオーナーの中には、事務所ビルとしてのビル経営をスタートさせたものの、空室が多く経営に苦しんでいる方もいるかと思います。

そんな方々は、思い切って店舗ビルへの変更を検討しましょう。

経営に苦しむ事務所ビルを店舗ビルに変更することで、オーナーにとってさまざまな利点が生まれます。

事務所ビルから店舗ビルへの変更って?

事務所ビルから店舗ビルへの変更とは、いわゆる“用途変更”のことを言います。

“コンバージョン”とも呼ばれますね。

コンバージョンは、老朽化した部分の補修を行い、新築の状態に戻す“リフォーム”、ビルに元々の機能以上の付加価値を加える工事である“リノベーション”のどちらにも属さない工事です。

要はビルの用途そのものを変更し、新しい機能を持たせる工事のことです。

事務所ビルから店舗ビルに変更する利点は?

では、経営に苦しむ事務所ビルを店舗ビルに変更する利点には、一体どんなことが挙げられるのでしょうか?

 

Ÿ   コストが抑えられる

事務所ビルから店舗ビルへの変更には、コストが抑えられるという利点があります。

事務所ビルから店舗ビルへの変更にかかるコストは、ビルの建て替えにかかるコストの1/4程度で済みます。

 

Ÿ   すぐに経営をスタートできる

事務所ビルから店舗ビルへの変更には、すぐに経営をスタートできるという利点もあります。

建て替えと比較して、短い期間でビルに新しい機能を持たせることができるためです。

 

Ÿ   他のテナントにも良い影響を与えられる

事務所ビルの時点で、1階などにすでに店舗が入っている場合、それらの店舗にも良い影響を与えられます。

なぜかと言うと、店舗ビルとして生まれ変わることによって、以前より店舗を利用するために訪れる方が増加し、各テナントの売上もアップすることが見込まれるためです。

事務所ビルから店舗ビルに変更する際の注意点

事務所ビルであれば、空室が多くなったときには“分割貸し”という選択肢がありますが、店舗ビルでの分割貸しは設備などの関係上難しいでしょう。

特に飲食店は水道、電気、ガスの容量に限界があり、これらの設備を増設すると結局多額のコストがかかってしまうので注意が必要です。

まとめ

経営に苦しむ事務所ビルを経営するオーナーは、利点を理解して1度店舗ビルへの変更を検討してみましょう。

もちろんコストが抑えられるといっても、最初はコンバージョンの費用で経営が圧迫されるでしょう。

それでも空室だらけの事務所ビルを経営し続け、毎月赤字を出しているという状況は打破できるかもしれません。

特に駅前などの好立地にあるビルであれば、ぜひ店舗ビルへの変更をおすすめします。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward