タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年05月13日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『オフィスビルに店舗を入れることによる効果について』

オフィスビルの入居者となるのは、企業だけとは限りません。

さまざまな企業がオフィスとして入居するビルの中に、入居者として店舗が入る場合もあります。

ではオフィスビルに店舗を入れることによって、一体どのような効果が生まれるのでしょうか?

オフィスビルのオーナーはぜひ把握しておきましょう。

オフィスビルに店舗を入れることによる効果①飲食店の場合

オフィスビルに入居者として飲食店を入れる場合は、少しマイナスな効果があることを把握しておきましょう。

例えばオフィスビルに飲食店を入れることで匂いが発生し、オフィスとして入居している企業から苦情が来る可能性があります。

またその飲食店の匂いなどが原因で、空室部分の入居者募集に悪影響を与えてしまうかもしれません。

行列が途絶えないような人気店であれば、オフィスビルの存在自体が目立つため、宣伝広告の効果はあると言えます。

ただそれを加味しても、匂いが原因で生じる苦情や空室リスクを無視することはできません。

したがってオフィスビルに飲食店を入れるのであれば、カフェなど匂いが少なくオフィスの入居者からも喜ばれることが多い店舗を入れるべきです。

カフェは食事を摂る場所、休憩する場所として利用されるだけでなく、企業における簡単な商談などにも利用されます。

オフィスビルに店舗を入れることによる効果②コンビニの場合

オフィスビルに店舗としてコンビニを入れる場合、オフィスの入居者から高い評価を得られる効果があります。

前述の飲食店と違い、コンビニは強い匂いを放つことがなく、オフィスとして入居している企業からそれに関する苦情が来る可能性も低いです。

またコンビニは手軽に商品が購入できる上に、手に入るものも多いため、入居を嫌がる企業はほとんどないでしょう。

天気が悪い日であっても、オフィスの入居者は雨に濡れることなく買い物をすることができます。

そしてオフィスビルに店舗としてコンビニを入れれば、魅力を感じて集まる入居者も増加するでしょう。

普段忙しいビジネスマン、ビジネスウーマンにとって、手軽に利用できるコンビニは大きな魅力のある店舗だと言えます。

まとめ

オフィスビルに店舗を入れることによる効果について解説しました。

カフェやコンビニは入居している企業の評価を上げることができ、新しく入居してくる企業にとっても魅力的な店舗になると言えます。

飲食店に魅力を感じる方も決して少なくはありませんが、利点と欠点の双方から分析したとき、やはり欠点の方が目立ってしまうため、検討しているオーナーは1度利点と欠点を整理してみましょう。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward