タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年05月01日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『テナントビルのオーナーは各店舗に適した面積を把握しよう』

テナントビルのオーナーは、テナントに入れる店舗の業種によって、適した面積が異なることを把握しておきましょう。

今回は具体的な数字を交えながら、各店舗に適した面積がどれくらいなのかについて解説します。

またなぜ各店舗に適した面積を把握する必要があるのかについても、併せて解説しましょう。

テナントビルのオーナーが各店舗に適した面積を把握しておくべき理由

そもそもテナントビルのオーナーは、なぜ各店舗に適した面積を把握しなければいけないのでしょうか?

その理由は、各店舗に適した面積を把握していないと、後々店舗にとって不利益が生まれてしまうためです。

例えば多くの設備を導入する必要がある店舗の場合、面積が狭すぎると設備がテナント内に入りきらない可能性があります。

また面積が狭すぎることによって客席をうまく設置できない場合、その店舗は目標の売上を確保するのが困難になります。

逆に面積が広すぎるとデッドスペースができてしまい、店舗の賃料が割に合わないという状況になることも考えられます。

つまりテナントビルのオーナーは、店舗に不利益が生じないために、各店舗に適したテナントの面積を把握した上で貸し出しを行うべきだということです。

各店舗に適したテナントの面積について

ここからは、各店舗に適したテナントの面積を具体的に解説します。

一般的に、テナントビルに入ることが多いとされる業種における適した面積は以下の通りです。

 
Ÿ   総合物販

食品スーパー:100~1,000坪

コンビニ:40~80坪

 
Ÿ   物販(専門店)

ドラッグストア:100~300坪

オフィス用品・文具店:50~200坪

書店:50~200坪

100円ショップ:40~150坪

 
Ÿ   物販(衣料品)

ファストファッション店:100~300坪

 
Ÿ   アミューズメント

パチンコ店:100~500坪

カラオケ店:80~100坪

ネットカフェ:50~150坪

 
Ÿ   サービス

コインランドリー:20~60坪

クリニック:30~100坪

学習塾:30~100坪

 
Ÿ   飲食

カフェ:20~50坪

ファストフード店:20~50坪

中華料理店:30~100坪

焼肉店:20~50坪

ラーメン店:10~30坪

定食屋:10~30坪

居酒屋:10~70坪

 

適した面積にバラつきがある業種の場合は、その店舗の特徴などを加味した上で、どれくらいの面積が適正なのかを考えて貸し出しを行うべきでしょう。

まとめ

テナントビルのオーナーが各店舗に適した面積を把握すべき理由、そして各店舗に適したテナントの面積について解説しました。

もしテナントの面積があまりに狭く、貸し出せる店舗が見つからないという場合は、複数のテナントを1つの店舗に貸し出すという方法を検討してみましょう。

また逆に面積が広いテナントの借り手が見つからない場合は、分割して選択肢を広げることをおすすめします。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward