タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年04月30日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『テナントを分割して貸し出す際に気を付けることって?』

テナントビルのオーナーが1つのテナントをいくつかの区画に分割し、企業に事務所として貸し出す場合があります。

この場合オーナーは、分割に関する法律、そしてインフラ設備の状況確認などに気を付けなければいけません。

具体的にどこに気を付ければいいのかを解説しますので、参考にしてください。

テナントを分割して貸し出す際に気を付けること①分割に関する法律

1つのテナントを分割していくつかの区画にし、企業に事務所として貸し出す場合、必ず壁で仕切りを作らなければいけません。

テナントには、建築基準法に基づいた防災区画、防火区画、消防法に基づいた感知器や消火設備が設置されています。

ただテナントを分割することで、それらの区画や設備が不足してしまい、法的に問題のなかった区画が法律に違反した区画になってしまうかもしれません。

したがってテナントの分割をする際は、まず設計士などの専門家に相談し、どうすれば法に違反せずにテナントを分割できるのかを把握しておきましょう。

テナントを分割して貸し出す際に気を付けること②インフラ設備の状況確認

テナントを分割し、事務所として貸し出す場合、インフラ設備の状況がどう変化するのかも気を付けて確認しなければいけません。

具体的には電気、エアコン、換気設備そしてそれらのスイッチの状況が、テナントを分割することによってどう変化するのか確認しましょう。

例えばテナントを分割することによって区画が暗くなってしまうと、電気の数を増やさなければいけません。

また分割の仕方によっては、分割後に電気やエアコン、換気設備のスイッチの場所を変えなければいけない場合もあります。

また入居を希望する企業が、共有ではなく専用の給排水設備、ガス設備を求めているという場合、それらを分岐させるためのコストがかかります。

テナントを分割して貸し出す際に気を付けるその他のこと

テナントビルの入口には、入居する各企業の看板が設置されます。

後々トラブルに発展しないように、分割されたテナントに入居する企業における看板の設置範囲は均等にすることをおすすめします。

またテナントを分割して貸し出すということは、複数の入居者を募集することになるため、1つのテナントを貸し出す場合よりも募集時間がかかり、空き室のリスクも高くなるということを理解しておきましょう。

まとめ

テナントを分割して貸し出す際に気を付けることについて解説しました。

テナントビルの収入を上げるために、分割して貸し出すことを検討するオーナーは多いです。

ただ気を付けるべきことをしっかり把握しておかないと、支出ばかりがどんどん膨らむという状況にもなりかねません。

また知らず知らずの内に法律に違反してしまわないようにも、注意が必要です。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward