タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年04月04日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『飲食店でネット予約制度を導入する利点について!』

飲食店におけるネット予約制度は、今や多くの店舗で予約制度の主流となっています。

電話予約だけでなく、ネット予約制度も導入することで、飲食店にはどんな利点が生まれるのでしょうか?

サービスの質を向上したいのであれば、ぜひネット予約制度の導入をおすすめします。

飲食店でネット予約制度を導入する利点って?①リアルタイムで対応しなくていい

飲食店がネット予約制度を導入することにより、“リアルタイムで対応する必要がない”という利点が生まれます。

例えば経営で忙しい飲食店では、時間帯によってはなかなか電話予約に対する対応ができないこともあります。

そんなとき、ネット予約制度を導入しておけば、ユーザーが自分で入力した予約情報を確認するだけで済むので、非常に効率的です。

飲食店でネット予約制度を導入する利点って?②従業員のミスが減らせる

飲食店でネット予約制度を導入することにより、“従業員のミスが減らせる”という利点も生まれます。

従業員のミスとは、具体的に言うと“予約情報の聞き間違え”です。

電話予約では、ユーザーの予約情報を従業員が聞き取って記録します。

ただ居酒屋など周囲の声も大きい飲食店の場合、ユーザーの予約情報を聞き間違えてしまうというリスクがあります。

ネット予約制度は、ユーザーの予約情報を文章で確認できるため、従業員が内容を聞き間違えるというミスが起こりません。

飲食店でネット予約制度を導入する利点って?③ユーザーをロスしにくくなる

食店でネット予約制度を導入すれば、“ユーザーをロスしにくくなる”という利点も生まれます。

ネット予約制度は24時間利用可能なため、ユーザーがいつでも好きな時間に情報を入力し、予約することができます。

一方電話予約は、必ず店舗が開いている時間、または従業員が店舗にいる時間でないと成立しません。

つまりユーザーが予約のために電話をしたにも関わらず、飲食店に繋がらなかった場合、そのユーザーをロスしてしまう可能性があるのです。

ネット予約制度であれば、そのような心配もありません。

またネット予約の情報だけで確認できないことがあっても、飲食店側から電話することですぐに確認できます。

まとめ

飲食店がネット予約制度を導入すれば、ユーザーにとっても飲食店側にとっても、利便性が高いシステムが完成します。

ただ先ほども少し触れたように、ネット予約制度の情報だけでは確認できないこともあります。

したがって飲食店は、ネット予約制度を軸として活用し、臨機応変に電話による確認を行うことが重要だと言えるでしょう。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward