タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年02月18日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『魅力的なオフィスを設計して空室リスクをなくそう!』

オフィスビルのオーナーは、空室リスクをできる限り少なくするために、魅力的なオフィスを設計するべきです。

魅力的なオフィスの設計には入居者の増加だけでなく、企業の入居期間が長くなるという利点もあります。

今回は魅力的なオフィスを設計する際に心掛けること、そして設計する際の流れについて解説します。

魅力的なオフィスを設計する際に心掛けること

入居者にとって魅力的なオフィスを設計する際に心掛けることは、ずばり“仕事をするにあたって最適な環境を構築すること”です。

仕事をするにあたって最適な環境を構築するには、まず仕事を能率的にこなせる空間を作ることが重要でしょう。

また、気持ち良く仕事ができるような設備を整えることも心掛けます。

そしてもちろん、安全面を考慮することも考えなければいけません。

さまざまな悪天候や災害に対応できる環境、防犯性に優れた環境、情報セキュリティ対策が取られた環境にすることが大切です。

魅力的なオフィスを設計する際の流れ

入居者にとって魅力的なオフィスを設計するためには、まずオフィスにおけるコンセプトを決定します。

オフィスビルのオーナーがどのようなオフィスを設計したいかを明確にし、コンセプトに合わせて設計を進めていきます。

コンセプトが決定したら、次はオフィスに必要なスペースの間取りを大まかに決定していきましょう。

オフィスに必要なスペースには、会議室や応接間、エントランスや更衣室、給湯室などが挙げられます。

これらをどの場所に設けるのかを決定していくのですが、この際は能率的な空間であるかどうか、セキュリティ性は悪くないかなどに注意しましょう。

オフィスに必要なスペースの間取りを大まかに決定したら、次は動線についてチェックします。

オフィスの従業員や設備が、スムーズに移動できるような動線を考えましょう。

ここまで進んだら、次はようやくレイアウトを細かく決定していきます。

デスクの間隔、通路の幅などを細かく決定します。

すべてが完了したら、先ほど解説した“魅力的なオフィスを設計する際に心掛けること”が盛り込まれているかどうか、最終確認を行います。

最終確認後、オフィスの建築がスタートするという流れになります。

まとめ

魅力的なオフィスを設計する際に心掛けること、設計の際の大まかな流れについて解説しました。

オフィスの設計が魅力的であれば、オーナーには空室リスク減少という利点が生まれ、入居する企業には作業効率が上がる、業績が上がりやすくなるという利点が生まれます。

空室に悩まされないオフィスビルのオーナーのほとんどは、入居者に魅力的な設計のオフィスを提供しているのです。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward