タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2019年02月02日
八王子良いとこ!お勧めブログ!

『飲食店における急な予約キャンセルへの対策について』

近年飲食店において、急な予約キャンセルが増加していることが話題になっています。

飲食店は急に予約をキャンセルされてしまうと、食材の調達費が無駄になったり、席を確保していた意味がなくなったりと、さまざまな被害を受けます。

今回は、そんな飲食店における急な予約キャンセルへの対策を解説します。

飲食店における急な予約キャンセルへの対策①会社の連絡先を聞いておく

飲食店における急な予約キャンセルは、会社の忘年会など大人数が訪れるケースでよく起こる傾向にあります。

大人数であればあるほど、予約をキャンセルされたときに飲食店の被害は大きくなります。

そういう場合、予約を受け付ける際に代表者の電話番号だけでなく、会社の電話番号も聞いておくことをおすすめします。

そうすれば、予約をした団体客が“急に予約をキャンセルすると、会社に迷惑がかかる”と感じるため、急な予約キャンセルが起こりにくくなるでしょう。

飲食店における急な予約キャンセルへの対策②予約に制限を設ける

飲食店における急な予約キャンセルへの対策として、予約に制限を設けるという方法もおすすめです。

例えば予約日時が1ヶ月以上先であり、人数が10人を超えるような場合は、予約を受けつけないといった制限を設けます。

こういった予約は、実はまだ人数もハッキリ決まっていないにも関わらず、早めに飲食店だけ押さえておくというケースが多いです。

またそういう予約をする方は、“予約をした”という認識が薄く、キャンセルの連絡を忘れてしまうという方も多いので、予約の制限は設けておくべきです。

電話予約だけでなく、ネット予約における制限も忘れないようにしましょう。

飲食店における急な予約キャンセルへの対策③前日までに確認の連絡を入れる

飲食店における急な予約キャンセルへの対策には、前日までに確認の連絡を入れるという方法もあります。

近年は予約客に対して確認メールを配信する飲食店も増えており、予約客がこれを見ればキャンセル忘れも防ぐことができます。

また確認メールだけでは不安だという飲食店は、前日までに確認メールを配信した後、電話で確認することをおすすめします。

まとめ

飲食店における急な予約キャンセルの対策について解説しました。

飲食店が取れる対策はあるにせよ、実際に当日まで予約客と連絡が付かない場合はどうしようもありません。

連絡が付かないからと言って、飲食店が勝手に予約をキャンセルしたと見なすのも難しいです。

ただ当日に連絡が付かなければ、飲食店側でキャンセルするという旨を事前に伝えておくのは効果的でしょう。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward