タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2018年12月12日
八王子良いとこ!紹介ブログ

『居抜きでサロンを開業させる際は立地によって戦略を変えよう』

居抜きでサロンをオープンさせる際、非常に重要なポイントは居抜き物件の立地です。

どんな立地の居抜き物件を利用するかによって、オーナーさんが業績を効率良く上げるための戦略は変わってきます。

今回は、居抜きでサロンをオープンさせる際の立地別戦略について解説します。

居抜きでサロンをオープンさせる際の立地別戦略①オフィス街

まず解説したいのは、オフィス街にある居抜き物件でサロンをオープンさせる際の立地別戦略です。

オフィス街で集客を目指す場合、来店者はサラリーマン、またはOLの場合が多いです。

したがって平日であっても、仕事が終わった後に来店する方を取り込めば多くの集客が見込めます。

効率的に集客を上げるには、なるべくカットやパーマ、ネイルなどのサービスをスピーディーにできるように心掛けましょう。

サラリーマンやOLが仕事帰りに立ち寄りやすいとはいえ、疲れていて早く帰宅したい方も多いはずです。

あまりにサービスが長くなってしまうと、リピーターを獲得しにくくなるでしょう。

1時間以内で終了するサービスを提供できるのが理想的です。

またオフィス街の居抜き物件でサロンをオープンさせる場合、土日や祝日、長期休暇の際は集客が少なくなることも考えておきましょう。

その分開店時間を延ばしたり、オプションサービスを設けたりすることで、なるべく平日に利益が上げられるような戦略を立てるべきです。

居抜きでサロンをオープンさせる際の立地別戦略②住宅街

先ほどとは打って変わって、今度は住宅街の居抜き物件でサロンをオープンさせる際の立地別戦略です。

住宅街の場合、オフィス街と違って主婦や学生などの集客も多く見込めます。

また平日休日問わず集客できる可能性があり、むしろ休日の方が来店者は多くなるでしょう。

したがって、集客したい時間帯のみ料金を割引にするなどすれば、ロスが少なくなります。

また住宅街とはいえ、駅や商店街などできるだけ人が集まりやすい立地を選ぶことも大切です。

ライバル店も多い立地にはなりますが、そこで魅力的なサービスを提供できれば、多くの来店者が流れてくることが予想されます。

もし駅や商店街が近くにない立地の場合は、できるだけ路面店を選び、地域の方の目につきやすくなる努力をしましょう。

まとめ

居抜きでサロンをオープンさせる際、立地によってこれだけ戦略には違いがあります。

まず1番最初に考えることは、その立地でサロンをオープンさせるにあたって、どんな客層の集客が見込まれるかということです。

オーナーさんの目指すサロンと来店者が求めるサロンのイメージに乖離があると、経営はなかなか上手くいきませんので、ご注意ください。

この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward