タイズホーム株式会社
9:00 - 18:00
日曜日・祝日
2018年11月19日
八王子良いとこ!紹介ブログ

『居抜き物件で開業したあとに売上を伸ばす方法とは?』

居抜き物件を利用する最大の理由とは、コストを削減して店舗を開業したり、移転したりすることです。

ただいくらコストを削減できても、開業後にまったく売上が伸びなければ意味がありません。

今回は、居抜き物件で開業したあとに売上を伸ばす秘訣をお教えしたいと思います。

居抜き物件を開業後、売上を伸ばす方法とは?①前店舗のイメージを残さない

まず大前提として、“居抜き物件は売上を伸ばすのが難しい”と考えておくべきです。

なぜかというと、前店舗のオーナーが居抜きで物件を手放す理由のほとんどが“経営不振”であるためです。

したがって、居抜き物件で開業した後に売上を伸ばす方法とは、“前店舗のイメージを残さない”ということなのです。

もし前店舗と同業種である場合は、看板や店舗名、外観の雰囲気などをまったく違うものに変える必要があるでしょう。

同じような看板で同じような雰囲気だと、周辺住民は店舗の新規性を感じないため、売上をアップさせるのが難しくなります。

また前店舗とはまったく違うメニューの開発や、そのメニューのアピールも大切です。

インパクトのある“名物”のようなメニューが考案できれば、周辺住民が新規性を感じやすくなるでしょう。

また名物のようなメニューを考案しアピールできれば、話題性の高い店舗となり他のエリアからの集客も見込めるようになります。

居抜き物件を開業後、売上を伸ばす方法とは?②新規顧客に常連になってもらう

新規開店した店舗に1度来店してくれた顧客を逃さず、常連になってもらうための努力は大切です。

なぜかというと、新規顧客に常連になってもらうことによって、そこから新たな顧客の獲得に繋がっていく可能性があるためです。

新規顧客を逃さないための具体的な方法は、まず新規見込客が住んでいるエリアをリサーチします。

そして多くの新規見込客が住んでいるエリアに、新店舗のチラシを投函しましょう。

先ほども解説したように、なるべく話題性や新規性を重視したチラシが投函できれば理想的です。

また忘れてはいけないのは、店舗までのマップを必ず掲載しておくことです。

すべての新規顧客を一気に常連にするのは難しいですが、1週間おきぐらいに投函し続ければ、少しずつ効果は現れるでしょう。

居抜き物件で新規開店をして売上を伸ばす方法とは、それだけの努力が必要な方法なのです。

まとめ

居抜き物件で開業後、売上を伸ばす方法とはどんなものなのかについて解説しました。

コストだけを重視して、居抜き物件は利用できないことを理解していただけたかと思います。

まずは“居抜き物件=売上が伸びにくい店舗”だということを把握し、そのハンデをどのように乗り越えるかが重要です。

これを乗り越えれば、コストを削減しながらも店舗を繁盛させることに繋がります。
この記事を書いた人
鈴木 卓 スズキ タク
鈴木 卓
八王子駅前を中心にテナント・オフィス物件に特化してお客様にご紹介しています。
八王子駅周辺の立地や相場はもちろんのこと、お薦めの飲食店や美容院、またお薦めの接骨院などもご紹介出来ますので、何でもお気軽にご相談下さい。
ツイッター・フェイスブックもやっているので、宜しければそちらにも遊びに来てください。
鈴木卓のfacebookページはこちら
arrow_upward